バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

俺は気が済むまで事件を手放さない。それが刑事だ。 特捜部Q 〜檻の中の女〜

 

f:id:Ta-Basco:20210505173403j:plain 

2013年 デンマーク

あらすじ

(プロットを一部アレンジ)

~ミレーデが目を覚ますと、そこは真っ暗なタンクだった。スピーカーから男の声で「2barに加圧する、1年後にまた会おう」と一方的に宣告される。地獄の日々が始まった。彼女はなぜそのような仕打ちをうけなければならないのか見当もつかないまま、生き延びるためにただ暗闇と孤独に耐えるしかなかった。~

 

 ……コペンハーゲン警察の殺人課の刑事カールは相棒の言葉に耳を貸さず応援を待たず犯人の家に突入し、待ち伏せしていた犯人に銃で撃たれてしまった。

 

 3ヶ月後に復職したカールは迷宮入りした事件を検証する特捜部Qへ異動を命じられた。書類庫でカビ臭い書類を繰るだけの閑職だった。同僚は同時期に異動してきたアラブ系のアサドという名の男だけだった。腐るカールの前にアサドがファイルを持ってきた。それはフェリーから飛び降り自殺したミレーデという女性議員の事件の記録だった。カールは、担当刑事がミレーデの失踪をフェリーから海上に身を投げたという安易な推測で片付けていたことが気に入らなかった。妥協できないカールは上司に無断でアサドを誘って再捜査を始めた。

 ミレーデは、幼い時に交通事故で両親を亡くし、家族はウフェという解離性障害を抱える弟だけだった。証言によると失踪時にミレーデと一緒にフェリーに乗船していたらしい。話を聞こうとするが、誰にも心を開かないウフェが口を開くことはなかった。カールは早々に見切りをつけたがアサドはその後も足繁くウフェに会いに施設に通った。

 やがてミレーデが事件の1ヶ月前にスウェーデンで開催された会議で知り合った男性と一夜をともにしたという情報を掴んだ。その頃アサドの努力が結実し、ウフェは彼に心を開き始めていた。アサドが会議の出席者が映った写真をウフェに見せると、1人の男に激しく反応した。

 出席者リストによると、ウフェが反応したのはバイオ・ダイナミクス社のダニエルという男だった。カールとアサドはダニエルに会いに行くが、彼はミレーデの失踪後、溺死していた。”ダニエル”を名乗っていた写真の男はダニエルと同じ孤児院で育ったラーセという名の男だった。ラーセは幼い時の交通事故で父親と妹を失い、母親は障害者になっていた。

 カールとアサドはラーセの情報を得るため彼の母親の家を訪れた。そこには期せずしてラーセ本人もいた。事情を尋ねるために任意同行を求めるが、ラーセは突然アサドを刺すと逃亡した。後を追ったカールは納屋の隠し部屋にミレーデが監禁されている巨大なタンクを発見した。

 ラーセはなぜミレーデを誘拐・監禁したのか。ラストシーンでその謎が明かされる。

感想・コメント 

 迷宮入り事件を担当する部署をモチーフとする作品はいくつかあり、目新しいものではない。作風としては映画と長編テレビドラマの境界線上にあるが、これも刑事物によくあるパターンだ(それだけテレビドラマが映画的になったということだろう)。

 ミレーデの監禁シーンとカール達の捜査シーンが交互に描かれるが、時系列が判然としないため、やや理解しにくいというのが正直な感想だ。ストーリーも奇をてらったものではなく、刑事たちが細い糸な手がかりを追う道程を観客が追体験するという構成となっており、主人公のカールの職人気質な個性とよくマッチしている。
 ラストにラーセがなぜこのような猟奇的な事件を企てたのか、その理由が明らかにされる。伏線らしい伏線は特に前置されていなかったが、加害者と被害者の立場が大逆転する展開には感心した。

 ところでデンマークという国は地味な印象があったが、実際には2014年の国連世界幸福度報告では幸福度第1位、欧州においてもっともデジタル化された国とのことだ。世界には我が国よりも先進的な社会があることを知るべきだと反省した。
 ハードボイルド系の刑事ものの王道パターンが好きな方に特におすすめ。

 

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrime、dTVのいずれでも鑑賞できません本作品の配信情報は2021年1月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV