バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

老人だからって善人ってわけじゃない 運び屋

 

f:id:Ta-Basco:20211123170004j:plain

 

2018年 アメリ

あらすじ

 実話ベースの話。

 イリノイ州ピリモアのアールにとって園芸はまさに天職だった。新しい品種の美しい花々は品評会で受賞し、称賛を浴びていた。もちろん代償はあった。仕事にかまけて、ないがしろにした妻や娘からは見捨てられてしまった。それでも仕事が順調なうちは良かったが、ネット全盛とともに先細りとなってしまい、とうとう全財産を銀行に差し押さえられてしまった。アールは何もかも失ったが、妻も娘もそんな彼に手を差し伸べるつもりはなかった。

 唯一残ったオンボロトラックを見た男がアールにブツの運び屋をやらないかと誘ってきた。アールに選択肢はなかった。年老いたアールがブツを運んでいるとは警察も疑いもしなかった。アールはただ気ままに車を指定された場所まで走らせるだけで大金を手にした。何度か繰り返すうちにアールはたちまち小金持ちになり羽振りもよくなった。アールは金の力で妻や娘からの信頼を得ようとした。

 その頃、DEA(麻薬捜査局)の捜査官ベイツはボスから結果を出すようプレッシャーをかけられていた。ベイツはカルテルの電話を盗聴しアールの存在に気づき、追跡を始めた。途中のモーテルでアールに電話がかかってきた。妻のメアリーが病で2、3日も持たないと宣告されたというのだ。仕事の途中でルートを外れることはご法度だったが、アールは妻のところへ車を走らせた。そのことが偶然にもベイツの追跡の手を逃れることになった。

 アールは死の床に横たわるメアリーを看取ることができた。「あなたは最愛で最悪の悩みの種。いてくれるだけでいい」と言い残し、メアリーは安らかに息を引き取った。葬儀を終えたアールはカルテルのボスにやりかけの仕事に戻るよう命令された。アールは無気力なまま車を走らせた。その道の先にカルテルとアールの電話を傍受していたDEAが待ち構えていた。アールは大人しく逮捕された。

 裁判が始まった。そこでアールは誰もが予想しなかった行動に出るのだった。

 

感想・コメント 

 クリント・イーストウッドが演じるとなんとなく善人のような先入観を持ってしまうが、アールは利己主義、自惚れ屋、偽善者の代名詞のようなどうしようもない人間だ。そんな彼が札束の力で人々の好意を得ようとする。この作品はそんなどうしようもない男の老年期の一コマがテーマだ。なんだか酷い言い草だと反感を持つ方もいるかも知れないが、私はこの作品が嫌いではない。アールという主人公の薄っぺらい生き様が反映されていて、作品自体も深みはないが、彼の自由気ままな生き方は愉快だ。よく考えれば、クリント・イーストウッドの作品の多くは男の生き様を描いたものが多い。この作品も主人公のやっていることが真っ当ではないという以外は、彼の創作テーマそのものだった。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。