バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

若者に老人を蹂躙する権利はない 疑いの中で

 

f:id:Ta-Basco:20210124195935j:plain

 

2019年 チェコ共和国

あらすじ

 イヴィタ・ガリア夫人は、かつては裕福な暮らしをしていたが、夫に先立たれ、今はアパートの一室で独り倹しい生活を送っていた。高齢の彼女は孤独で寂しかった。数年前、鍵屋に安全のために必要だとそそのかされて玄関のドアに鉄格子のような頑丈な鍵を取り付けたが、いつも渋くてなかなか解錠できないのも腹立たしかった。

 夫人が自分の存在意義を感じることができたのは、教会での聖具保管係としての務めだった。その務めを全うすることが生き甲斐ですらあったのに、異動してきた牧師にあっさりとお払い箱にされてしまった。

 落胆して教会から出たガリアにジェンダと名乗る若い男が声をかけてきた。最初は不審に思い警戒する夫人であったが、彼が彼女の家の家系図を取り出し懐かしそうに思い出話をするのを聞いているうちに、ジェンダが永く会っていない甥だと思い出した。

 実はこの男はジェンダではなかった。俳優を目指す貧乏人で本名はダニエルといった。ダニエルは無一文だった上に、最後の望みだったオーディションにも合格する気がしなかった。金の無心に実家に行ったところ、母親の恋人ととして家に住み着いていた男が持っていた家系図をこっそりと持ち出し、それを見て金を持っていそうな夫人に接近したのだ。

 三文芝居を打って夫人の家に上がり込んだダニエルだったが、予想に反して彼女の暮らしぶりは質素だった。それでもなんとか金目のものだけ騙し取ろうとするダニエルだったが、話の辻褄を合わせるのにしくじり、偽物であることがバレてしまった。やむをえず、金目のものだけ奪ってずらかろうとするが玄関のドアが開かなかった。ガリアから何とか鍵を奪おうとするが、彼女は窓の外に鍵を放り投げるという予想外の行動をとった。彼女の最後の抵抗だった。どんな手を使っても鉄格子のような頑丈な鍵はビクともしないし、格子がはめらた窓から脱出することもできなかった。

 こう着状態だった。結局、鍵屋に解錠してもらうしかないと観念したダニエルは、夫人に電話をかけさせた。鍵屋を待つ間、ダニエルの目にカーテンポールが映った。ダニエルはそのカーテンポールの先端を折り曲げ、鍵を引っ掛けて取り返すことに成功した。そして、ちょうどそのときもう一つ幸運が舞い込んできた。オーディションに合格したという電話連絡が入ったのだ。

 しかし、この2つの幸運がダニエルの運命を変えてしまった。このまま鍵屋に解錠させてこの場を去ったとしても、後でガリアに通報されてしまい、ようやく芽が出た俳優への夢が潰えてしまうと思ったのだ。ダニエルの心の中の悪魔が囁いた。ガリアを殺してしまえ。ダニエルはその囁きにしたがってガリアを刺し殺してしまった。後は鍵でドアを開けて逃亡すれば安泰だ。そう思ったダニエルに予期せぬ出来事が……。 

感想・コメント 

 独り暮らしの老人の孤独は、万国共通だと感じさせられた。そして、若者が老いてシワだらけの年配者を自分よりも弱く劣っていると思いがちなのもどの国でも同じだと。

 この話は、ドフトエスキーの罪と罰から着想を得たように感じた。かの名作では、資産家の老婆アリョーナの資産を奪ったとしても、それを活かして人々のためになることを多くすれば罪にならないという妄想を抱いた青年ラスコーリニコフがアリョーナを斧で惨殺した。ラスコーリニコフとダニエルの発想は酷似しているのだ。(罪と罰はそこから続くラスコーリニコフの苦悩が主題であり、本作とはフォーカスポイントが全く異なる。)

 時々、若者の集団が見ず知らずの老人の家に押し入り強盗殺人を犯すというニュースを見聞きする。若者が自分よりも身体機能が衰えている老人を見下すのは生物的本能として仕方がないとしても、人間である以上、他人の思い出や尊厳を蹂躙する権利はないということくらい判ってほしいものだ。老人たちは「敬老」は望まないまでも、構わないで欲しいのだ。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。

f:id:Ta-Basco:20210124204637j:plain

若かりし日の主演女優イチナ・ボーダロバ

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年1月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)