バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

世界王者?兄貴がなれっていうならなってやるぜ ザ・ファイター

 

f:id:Ta-Basco:20210207115037j:plain
 

2010年 アメリ

あらすじ

 1993年マサチューセッツ州ローウェル

 ディッキーとミッキーは異父兄弟だ。ディッキーは子供の頃からボクシングが強く、ミッキーは兄に憧れていた。ディッキーの自慢はかつて王座戦でチャンプのシュガーレイレナードをダウンしたことだった。結局試合には負けたが。

 ディッキーはすでに引退し、兄に続いてボクサーになったミッキーのトレーナーをしていた。引退後もボクシングにかける情熱は健在だったが、ボクシング以外の彼は27回も逮捕歴がある自堕落なジャンキーだった。

 ミッキーは憂鬱だった。自分のボクサーとしての限界を感じ、続けるかどうかすら決めかねていた。しかし、ディッキーやマネジャーをしている母の期待を裏切るわけにもいかず、悶々としながら次の試合に向けてトレーニングしていた。

 ミッキーはバーで働いていたシャーリーンに恋心を抱いていた。思い切って声をかけた。次の試合が終わったら映画を観に行く約束をした。

 ラスベガスでのミッキーの試合は散々だった。直前になって対戦相手が欠場になり、母親とディッキーに言われるがまま代役と対戦した。どうせ準備不足で楽勝だと言われたのに、目の前にいる相手は階級が違う上に完璧に仕上がっていた。案の定、叩きのめされてしまった。

 落胆するミッキーに、あるプロモーターから1年間生活の面倒を見てやるからうちに来いと誘いがあった。

 家に戻ってからもミッキーはこの先どうするか悩んでいた。楽しみにしていたはずのシャーリーンとのデートもどうでもよくなってしまった。そんな彼を救ったのはシャーリーンだった。彼女はミッキーに、ボクサーとして成功したければ素人マネジャーの母やジャンキーの兄の元を離れ、そのプロモーターの元で練習に集中すべきだとアドバイスした。

 ミッキーは思い切って家族に想いを打ち明けた。しかし予想どおり受け入れてもらえなかった。金のことを心配せずに練習に打ち込みたいというミッキーの希望を叶えてやると言ってディッキーは家を出た。

 しかしディッキーのやったことと言えば、犯罪まがいの集金だった。結局逮捕されてしまい、また収監されてしまった。

 結局ミッキーは地元で再起を図ることにした。家族とは袂を分つという条件で、支援してくれる経営者の元で練習に励んだ。そして、一戦ずつ着実に勝利を重ね、ついに世界王座に挑戦する権利を獲得した。

 出所したばかりのディッキーもその知らせに喜んでジムに駆けつけた。彼は当然ミッキーのトレーナーとしてタイトル戦に帯同できると思い込んでいた。しかし、それが叶わぬことだと知り、落胆して去って行った。母親は彼を薄情者となじった。

 ミッキーの心中は複雑だった。恋人のシャーリーンや自分を支援してくれる周囲の人たちがなんと言おうとディッキーは彼にとってヒーローであり、ボクシングの師匠だった。ミッキーの選んだ選択肢は。そして世界戦の結果は。

f:id:Ta-Basco:20210207115922j:plain

感想・コメント 

 実話をベースにした作品。エンドロールでミッキーとディッキー本人が笑顔で登場する。そういう距離感で制作したこともあって、美談になるよう多分に脚色しているようにも感じるが、重要なのはミッキーが成し遂げたことであり、そこに至るまでの過程を多少大袈裟に描くことなど些事であり、いちいち目くじらを立てる必要もないだろう。

 ディッキーは、シュガー・レイ・レナードをダウンしたときに自己実現欲求が満足してしまったために、さらに上を目指すことを止め、享楽にふけるようになってしまった。「才能があるのにもったいない」とも思えるかもしれないが、人間は皆、自己実現欲求を満たせれば周囲の評価など無関係に幸福感を得ることができるものだから、彼自身が過去のひと時を人生のピークだと感じ、それを何度も噛み締めることで幸せな気分になれるなら、それはそれでいいと思う。

 少し小難しいことを言ってしまったが、この作品には特に哲学的なメッセージはなく、ただ、田舎町の男が成し遂げた偉業を感動的に描いたドラマ。気軽に楽しむのがいい。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年2月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)