バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

俺だけがずっと同じ場所にいたんだね レボリューション6

 

f:id:Ta-Basco:20210905144906j:plain

2002年 ドイツ

あらすじ

 1984年、まだベルリンの壁があった時代。西ベルリンのマッハノフは、モヒカンヘアで無職でドラッグに溺れるアナーキストが跋扈していた。

 ティム、フロー、マイク、ネレ、テラー、ホッテは薄汚れたその街で「グループ36」を名乗り政治映画を制作していた。そして爆弾を自製し、資本家の建てた建物の爆破を企てていた。

 

 時は過ぎ去り、東西ドイツ統一、EU加盟とドイツ社会は目まぐるしく変化した。

 

 マッハノフからもアナーキスト達は去っていき、朽ち果てたアパート群が解体を待っているだけだった。しかしティムとホッテだけは、昔と変わらずアナーキズムを捨てずマッハノフに居座っていた。ホッテは、かの日のデモで放水車に轢かれ両足を失っていた。

 

 ある日、長らく放置されていた建物で爆発事故があり、建物に入ろうとした2人が負傷した。爆発したのは、ずっと昔にティム達が仕掛けた爆弾だった。不発だったが、扉を開ける際の衝撃で爆発したのだ。

 

 その事件の直後、ティムとホッテの住むアパートに強制捜索が入った。かつて撮りためていたグループ36の政治映画フィルムが大量に押収された。

 ティムは焦った。なぜなら、押収されたフィルムの中に、例の建物に爆弾を仕掛けた時の様子を撮影したものがあったからだ。もし、それを警察に発見されたら自分たちの犯行であることがバレてしまうのだ。

 

 律儀なホッテは、かつてのメンバーの連絡先を全部メモっていた。今回のピンチを知らせるために彼らの元を訪問することにした。

 

 マイクは広告代理店の重役になっていた。

 ネレは子沢山の母親として子供の世話に追われていた。

 テラーは弁護士になっていた。

 そして、かつてのティムの恋人フローは資産家と婚約していた。

 

 皆、アナーキズムなどすっかり忘れ、社会人としてまともな人生を送っていた。

 ティムとホッテからの知らせを聴き、当然ながら焦った。善後策を話し合うため、久しぶりにかつてのアジト~今のティムとホッテの住まい~に皆が集まった。

 

 話し合いの結論は、とんでもないものだった。警察の証拠保管室に爆弾を仕掛け、証拠のフィルムを爆破するというものだった。

 それから、昔を思い出しながらの爆弾制作が始まった。ともに作業をするうちにかつての友情が復活したようだった。

 消火器を容器とした手製時限爆弾が完成すると、偽の通報をし、その爆弾を入れた木箱を警察が押収するよう仕向けた。計画どおりことは進んだ。しかし、一つだけ計画外の出来事があった。その木箱の中にホッテが隠れていたのだ。彼は証拠品室に爆弾と一緒に運ばれた後に爆弾をフィルムのそばまで運ぼうと思っていたのだ。しかし、ことを終えた後、自分一人では部屋から出れなくなってしまった。爆発までの時間が刻々と迫る中、ホッテはティム達かつてのグループ36のメンバーに電話をかけて助けを求める。警察署に忍び込んでホッテを救出するのは至難であることは誰にでも分かることだった。しかし、それでも彼らは警察署へ向かうのだった。その結末は……。

 

感想・コメント  

 なんとなく小綺麗に作られているが、主人公達はアナーキスト、つまり活動家だ。日本ではなかなか作られないか、作られても共感は得られにくいモチーフだろう。

 作中で、ビジネスの世界で成功したマイクがティムに対して「なろうと思わないのではなく、なれないんだろう」と指摘するシーンがある。ティムはそれに対する言葉を持ち合わせていなかった。政治的活動に限らず、何かしらのムーブメントで中心的存在に祭り上げられた人物は、その代名詞としてレッテルを貼られる。そのレッテルは、引き潮のように熱が冷めた後も呪縛のようにつきまとう。剥がすことを許されないのか、はたまたあえて剥がさないのか、それは定かではないが、それによって人生のしなやかさは失われ、硬直したものになる。

 周りで囃し立てて、熱が冷めるとともに次の波に乗りに行く、拙僧も信念もないが、これが多くの人の生き方であり、人生も気楽だ。

 扱いにくいモチーフではあるが、作品としてはどちらかというとエンターテイメント寄りで悲壮感はない。主役のティル・シュバイガーは二枚目だなぁと思って観る作品。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

こちらもティル・シュバイガー主演でした。

www.basco.tokyo

 

 AmazonPrime、dTVで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年7月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV