バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

ヒッピーvs模範的アメリカ市民 懲罰大陸★USA

 

f:id:Ta-Basco:20211205145950j:plain

 

1971年 アメリ

あらすじ

 ドキュメンタリータッチの作品。アメリカ政府が自らの行為が正当であることを証明するために、取材を許可された各国メディアのクルーのカメラ視点でストーリーは展開する。

 1950年。国内治安法(マッカラン法)では、大統領は内乱が生じた際は国内治安の緊急事態を宣言することができ、危険人物を証拠なく議会の承認もなく拘束することができると定められている。ベトナム戦争

反対運動の主導者たちがこの法律を根拠に拘束され、各地に設置された緊急国内治安裁判所で地域の有権者たちが被告を裁いていた。被告とされた者たちは弁護の機会を与えられるが形だけのもので初めから有罪は決まっていた。複数年の懲役か3日間の懲罰公園行きの選択肢を与えられたが、皆、刑期が短い懲罰公園行きを選んだ。

 懲罰公園とは、警官と州兵が政府転覆を暴力的に企てる破壊分子を制御する訓練施設であり、同時に破壊分子にとっては懲罰的抑止を提供するための場所であった。実態は、炎天下に広がる荒野だった。受刑者たちは、スタート地点から遥か彼方に設置されたアメリカ国旗のところまでたどり着くよう命じられた。

 ただ歩くだけ、ではなかった。昼間は40度近く、夜は20度という厳しい気象条件の中、食料も水も与えられない。加えて追いかけてくる武装した警官や州兵に捕まってはいけないのだ。圧倒的に不利な立場の受刑者だったが、一部の者が警官を殺害し銃を奪った。それをきっかけに様相が一転し、警官や州兵による受刑者~つまり反戦運動家~たちの殺戮劇が始まるのだった。

 

感想・コメント 

 裁判でのやりとりなどから、模範的(とされる)アメリカ市民とヒッピー(的な人々)が水と油の関係にあったことがひしひしと伝わってくる。愛と平和さえあれば人類は皆平和に共存できるというヒッピー、そんなヒッピー(的な人々)を社会やコミュティーに貢献せず自堕落な生活を送っているゴミとしか見ていない模範的(とされる)市民。互いが相手を理解すること自体を諦めているので、両者には激しい対立と嫌悪しかない。この作品は、両者のどちらかに肩入れすることなく、各国メディアのクルーのカメラ視点という構図を使い、中立を保っている。今どきの若者が観れば、多様性を認めない模範的(とされる)アメリカ市民に対して批判的な感情を持つかもしれない。しかし、当時は米ソ冷戦時代で明日にでも第3次世界大戦が始まり、人類が核爆弾で滅亡する可能性がある時代だった。私はリアルベトナム戦争世代ではないが、ソ連崩壊まで冷戦によるぼんやりとした不確実性に覆われた時代に育った。少しでも油断すれば敵国が侵略してくると皆が信じていたそんな時代に、「戦いではなく愛が世界を救う」という美辞を叫ぶヒッピー(的な人々)を見て、「他人の庇護下でぬくぬくとして、綺麗事を無責任に放言している鼻持ちならないやつら」と感じる常識人の時代だった。

 観賞後、フェイクドキュメンタリーだと知るまでは、「そんな突飛なことがあったのか、さすがUFOを隠している国だけあって闇は深いなぁ」と思ってしまうくらいリアリティがあった。意外と良作。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。