バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

人為的に作り出される殺人ウイルスの恐怖 アウトブレイク

 

f:id:Ta-Basco:20200621204031j:plain
 

1995年 アメリ

あらすじ

 米陸軍伝染病研究所の職員サムは、元同僚で今は上官のビリーから、ザイールのとある村で発生したLEVEL4の伝染性出血熱の調査を命じられた。現地に急行したサムのチームは、壊滅的な惨状を目の当たりにする。モターバと名付けられたそのウイルスはエボラやラッサとは比べ物にならない感染力がある非常に危険なものだった。

 当初、モターバはザイールで封じ込められたと思われていたが、アメリカのシーダー・クリークという町で、モターバの感染者が発生した。サムはウイルスの宿主を突き止めようと奔走するが、何故かビリーを初め軍の動きは鈍かった。実はモターバは30年前から陸軍が開発してきた生物兵器だったのだ。陸軍が、町ごと気化爆弾で消滅させ、住民たちの命と引き換えにモターバを封じ込める強硬策を進める中で、サムはようやくウイルスの宿主がザイールから密輸されたサルであることを突き止め、捕獲に成功した。サムはそのサルから血清を作ることでモバータの感染を阻止することができると訴えるが、モバータの秘密を知られたくない軍の上層部は作戦を中止しようとしなかった。果たしてサムは軍の作戦を中止させ、シーダー・クリークの住民の命を救うことができるのか。

  

感想・コメント 

 最初に断っておくが、この作品は感染症パニックものではなく、国家陰謀ものだ。90年代のアメリカ映画の文法に忠実な作りで、安心して観れるエンターテイメント作品に仕上がっている。HIVウイルス(AIDSの原因)は米軍がアフリカで実験していたものが誤って漏洩したという話が一部で流れたことがあったが、それに着想を得ているのかも知れない。

 ちまたではCOVID-19(新型コロナ)で大騒ぎだが、ウイルスの危険レベルはあまり高くないのではないか。作中にも登場するエボラ等、実は治療法がいまだにないウイルス感染症は数多くある。そういった意味では、まだ現代人はアウトブレイクの本当の恐怖を知らず、医学万能を信じれるほど平和で安全な社会に暮らしているのだ。

 

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrime、dTVで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV

 DVDレンタルなら、DMM.comがお勧め。最初なら無料で体験レンタルできます。