バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

これを観て”若気の至り”の代償を知れ! ミッドナイト・エクスプレス

 

f:id:Ta-Basco:20200531091831j:plain

 

1978年 アメリ

あらすじ

 1970年10月6日トルコのイスタンブールで起きた事件を題材にした作品。

 ビリー・ヘイズは金欲しさに旅先のトルコから米国にハシシを密輸しようとしたが、搭乗直前に捕まってしまった。そして状況がよく飲み込めないまま、警察に拘留された。毛布も与えられない牢獄で裁判を待つビリーのところへ、はるばる彼の父が面会にやってきた。父は必ずここから出してやると約束してくれたが、状況はそう簡単ではなかった。ビリーは米国に身柄を引き渡されることなく、そのままトルコで裁判を受けることになった。判決は懲役4年半の刑だった。

 異国の地での刑務所暮らしは過酷だった。同郷の囚人ジミー、エリックそしてマックスに助けられながら何とか命を繋ぐ毎日が続いた。ここから出る一番の近道はミッドナイトエクスプレス(脱獄)だと耳元で囁かれたが、すぐに出してやるから馬鹿なことをするなという父や弁護士の忠告を守って誘いを断った。

 そうして長い刑期が終わりに近づき出所への期待に胸を膨らませていたビリーに悪い知らせが舞い込んできた。所持ではなく密輸の容疑で裁判をやり直すというのだ。あまりの無茶苦茶な話に激怒したビリーは法廷で怒りをぶちまけた。しかし必死の抵抗も虚しく、改めて懲役30年の刑が言い渡された。

 ついにビリーは脱獄計画に加わることにした。ジミーの情報をもとに地下道につながる壁を探し当て、ある夜計画を実行に移した。計画は順調かに思えたが途中で地下道が塞がれており中断せざるをえなかった。そして改めて計画を練り直している最中、運悪く看守達におもねっていたリフキという囚人に細工した壁を見つけられてしまい、彼の告げ口によりその自由への扉は閉ざされてしまった。そのことを端に発したリフキとビリー達アメリカ人囚人との報復合戦が始まり、ついにビリーはリフキを殺害した。

 7ヶ月後、1975年1月、ビリーは第13特別収容所に収監されていた。そこにいたのは精神が崩壊してしまった抜け殻のような囚人ばかりだった。そんな環境下におかれビリーも発狂寸前だった。ビリーは刑務所長に賄賂を渡し入院させて欲しいと頼むが、更衣室に連れて行かれ犯されそうになり、揉み合っているうちに刑務所長は頭部を損傷し死んでしまった。

 結末はあっけなく訪れた。ビリーはそのまま更衣室にあった刑務官の制服を着ると、長く囚われていた刑務所の通用口から、気づかれることなく脱出できたのだった。

 

 

感想・コメント

 話としては、ナショナルジオグラフィックの「史上最悪の地球の歩き方」でやっているような内容だ。当時は今ほどテレビメディアが発達していなかったから、異国の地でのアメリカの若者の過酷な5年間は映画として伝えられ、おそらく多くの観客に衝撃を与えたことだろう。

f:id:Ta-Basco:20200531102836j:plain

 題名のミッドナイトエクスプレス(夜間特急)は、あらすじにも書いたが「脱獄」の隠語で、刑務所から出るための最短手段という意味だ。ラストは「脱獄」という言葉のイメージとはかけ離れた、あっけなく静かなものだったが、これもまた脱獄に違いない。仮に千載一遇のチャンスが訪れたとしても、それを渇望していない人間はそれがチャンスであることに気づかず、みすみす見過ごしてしまうものだ。だから、ビリーの脱獄も、彼が刑務所を出たいという強い意志を持ち続けたからこそ成功したのだ。

と、ビリーを格好よく評価してしまったが、発端はハシシを密輸しようとしたことだから自業自得に他ならない。悪いことをするのはやめよう。特に海外では。

 主演のブラッド・デイヴィスは、AIDSに罹患し41歳で亡くなっている。その2年前に出演したロザリー・ゴーズ・ショッピングでの元気な姿もぜひご覧いただきたい。

 

www.basco.tokyo

 

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年5月31日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

 DVDレンタルなら、DMM.comがお勧め。最初なら無料で体験レンタルできます。