バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

一つの過ちが時を超え静かに波紋のように広がる 湿地

 

f:id:Ta-Basco:20210214171415j:plain

注:ややネタバレあり。

2006年 アイスランド

あらすじ

 アイスランド遺伝子研究所の研究員オルンは幼い娘を珍しい脳疾患で亡くした。彼の悲しみは深く、同時になぜ娘がそのような病に侵されたのか疑問を抱くのだった。

 

 舞台は変わり、ある粗末な部屋。老年の男の死体が見つかった。被害者の名前はホルブルグ。頭部を鈍器で殴られていた。エーレンデュル刑事は机の引き出しの裏側に貼り付けられていた墓の写真を見つけた。刑事の部下達の調べでその墓は4歳でこの世を去ったウイドルという名の少女であることがわかった。彼女の母コルブルンはすでにこの世を去っていた。そして父は誰かわからなかった。

 刑事はウイドルの母親コルブルンの姉エーリンの家を訪問した。しかしエーリンは警察を嫌悪し取り付く島もなかった。彼女は刑事に元警官のルーナルに聞けばいいと捨て台詞を吐いた。ルーナルは倹しい生活を送る老人だった。彼によれば、コルブルンは自分から3人組の男に言い寄ったにもかかわらずレイプされたと告発しようとした恥晒しらしい。しかし、刑事が改めてエーリンから話を聞くと、ルーナルがコルブルンをレイプした犯人グループを庇うために証拠を隠滅したというのだ。さらに彼女は驚くべき証言をした。コルブルンをレイプしたのはホルブルグだというのだ。

 当時ホルブルグがツルんでいた仲間は、エットリデとグレータルという名前だった。エットリデは刑務所で服役していたが、もう一人のグレータルの行方は掴めなかった。

 そのときホルブルンの検死結果が知らされた。彼は珍しい脳疾患にかかっていた。ウイドルも同じ疾患で命を失っている。刑事は両者の関係を調べることにした。

 一方、刑事の部下達は、ホルブルンたちのレイプの被害者となった女性がいないか聞き込みをしていた。かなり昔の話であり、聞き込みの対象となった女性は皆高齢だった。その中にオルン(冒頭に登場した男性)の母親もいた。誰にも明かしていなかったが、実は彼女もホルブルンのレイプ被害者だったのだ。

 事件の前、オルンは自分の娘の命を奪った疾患が遺伝性であること、そしてその遺伝子を自分も持っていることを調べていた。そして、ついに自分の母親から真実を聞き出し、諸悪の根源を突き止めていた。それがホルブルンだったのだ。オルンにとってホルブルンは汚れた遺伝子の主だった。彼さえいなければよかったのだ。そう確信したオルンがホルブルンの居場所を突き止め、殺めたのだった。

 刑事達は、オルンの犯行であることを突き止めた。彼を凶行に駆り立てた忌まわしき過去がついに明らかにされた。

f:id:Ta-Basco:20210214171628j:plain

感想・コメント 

 初めのうちは、時系列の組み替えに気づかず、やや入り込めなかったが、最終的には楽しめた。あらすじからは省いたが、エーレンデュル刑事が自堕落な娘に悩まされるなど、登場人物の人間像も立体的に描かれている。少々失礼な言い方だが、アイスランドの質素で寒々しい景色もこの物語の物悲しさを際立たせている。ただ、タイトルでもある「湿地」、確かに物語の舞台なので間違いではないが、最後の最後まであまりストーリーとは直接関係がない(ように描かれている)。この点は少し残念だ。それにしてもアイスランドの人々の名前は馴染みがないせいか覚えづらい。異国サスペンスが好きな方は是非。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年2月14日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

 DMMならレンタルできます。