バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

「らしく」ある必要はない、はず。  グリーンブック

 

f:id:Ta-Basco:20210725184652j:plain
 

2018年 アメリ

あらすじ

 実話ベースの話。

 1962年ニューヨーク。トニー・バレロンガは働いていたクラブが改装のため長期休業になり、収入源を失った。そんなトニーのところへ、医者が運転手を探していると声がかかった。指定された面接会場はカーネギーホールの2階だった。豪華な広間に現れたのはドクター・ドン・シャーリー。医者ではなく黒人の著名ピアニストだった。仕事の内容は南部ツアーの運転手としてシャーリーをスケジュールどおり会場まで連れて行くことと身の回りの世話をすることだった。待遇はよかったが、黒人差別者だったトニーはシャーリーに雇われることへの抵抗感から辞退した。

 しかしシャーリーは諦めなかった。トニーの妻を使い、仕事を引き受けさせた。

 最初は自分より劣った存在だとたかを括っていたトニーだったが、白人富裕層に招待され見事な演奏を披露するシャーリーの姿を見て、考えが変わった。しかし、彼の四角四面な性格は庶民派のトニーにはどうにも水が合わなかった。ギクシャクしていた2人だったが、道中長い時間をともに過ごすうちに、徐々に打ち解けてきた。完璧だと思っていたシャーリーも悩み深き一人の人間だということがわかってきた。白人社会に生きる黒人のシャーリーは、白人からも黒人からも疏外され、孤独だったのだ。

 シャーリーが黒人差別が色濃い南部でのツアーを決行したのは、彼なりの黒人差別解消へのアピールだった。トニーはシャーリーに向けられる露骨な差別から彼を守り、ついに最後の公演地へ辿り着いた。しかし、そこでの仕打ちは耐え難いものだった。トニーはシャーリーを車に乗せると会場のホテルを後にするのだった。長い旅を経て、2人は生涯変わらぬ強い友情で結ばれた。

 

感想・コメント 

 冒頭のトニーのクラブでのエピソードはややわかりにくかったが、それ以外は全体的にストレスなく鑑賞でき、よい仕上がりだと思った。

 題名の「グリーンブック」は当時発行されていた有色人種向けの宿泊施設ガイドブックのことだ。白人富裕層を相手に演奏し、晩餐会に招待された後に眠るのはいつもみすぼらしい有色人種向けの宿泊施設というのは、誇り高きシャーリーにとって屈辱だっただろう。他人事のように感じるかもしれないが、実際のところ私たち黄色人種もほぼ同じ存在だったし、今もそうだ。

 人間は先入観(バイアス)から逃れることができない生き物だ。故に「~らしさ」を意識、無意識に相手に要求している。全ての差別はこの「~らしさ」が出発点だと思うが、それを排除するには強い理性が必要だ。しかし、大抵の人はそれほどの理性は持ち合わせおらず、安直に「らしさ」で一括りにしがちだ。それは私も例外ではない。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrime、dTVで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年7月25日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV