バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

俺たちはこの町で生まれ育って死ぬんだ。当たり前だろ?そんなこと ゴッド・タウン



f:id:Ta-Basco:20200823115036j:plain

 

2014年 アメリ

 

あらすじ

 ゴッドポケットという小さな町の住民達の殆どは、生涯、町の外の世界を知ることはない。そして皆んな小悪人で卑怯だ。

 ミッキーは、ジーニーと再婚するためにゴッツ・ポケットに引っ越してきたばかりだった。ジーニーには、レオンいう名の前夫との間にできた息子がいた。レオンはドラッグをやり、勤務先の工場では人種差別的な発言を繰り返す鼻つまみ者だった。

 ミッキーは冷蔵車で肉を運搬する仕事をしていた。仕事は肉屋のバードからもらっていた。そのバードはマフィアから多額の借金で首が回らない状態だった。

 ある日、レオンが勤務先の工場でいつものように黒人の同僚を罵っていると、その男に頭部を棒で撲打され、死んでしまった。その場に居合わせた工場の従業員は、レオンの自業自得だと同情することもなく、口裏を合わせ昇降機が激突して死んだことにすることにした。

 我が子を失ったジーニーは悲しみに暮れるが、義理の関係しかないミッキーは彼女と同じ気持ちにはなれなかった。それでもジーニーのためにも葬儀をしなければならないと考え、町の葬儀屋へ行ったが、予想外に大金が必要なことが分かり失意した。町のバーの常連客がカンパしてくれたが、まだ金は足りなかった。なんとか増やそうと競馬で賭けるが、外れて全て失ってしまった。

>f:id:Ta-Basco:20200823115218j:plain

 あせったミッキーは、葬儀屋には後払いで支払うからなんとか葬儀は予定どおり執り行って欲しいと頼みに行くが、逆に預かってもらっていたレオンの遺体を路上に放り捨てられてしまった。仕方なくレオンの遺体を自分の冷蔵車に乗せたまま、車を売却しようと中古車屋に行くが、中古車屋が試運転している間に事故を起こしてしまい、そのはずみでレオンの遺体はまたしても路上に放り出されてしまった。レオンがその事故の犠牲者だと勘違いして通行人が騒いでいるのを横目で見ながら、ミッキーはその場を立ち去るしかなかった。

 一方ジーニーは、レオンに死因に何か裏があると考えていた。レオンの死の記事を書くために取材に来た新聞社のコラムニストのリチャードに、真実を明らかにして欲しいと懇願した。そんなジーニーに対してリチャードは良からぬ欲情をもよおし、言葉巧みに誘い出すと彼女を口説き関係を持った。

 小さな町でリチャードとジーニーの不貞はすぐに噂になった。さらにそのリチャードがレオンの死について書いたコラムが、町に対して批判的だと住民達は色めきだった。そのような中で自分の正義を疑わないリチャードがバーに姿を現した。彼はたちまちバーにいた男達に連れ出され、路上で執拗に暴行を受けた。居合わせたミッキーは止めようとするが、「よそ者は口を出すな」と全く耳を貸してもらえなかった。

 男達が立ち去ると、そこにはボロ雑巾のようになったリチャードが横たわっていた。

感想・コメント

 アメリカ人というとフロンティアのイメージがあるが、実際には生まれ育った州(町)から全く出たことがない人も数多いらしい。隣町までの距離も日本とはスケールが違うから、そういった人は日本人よりも多いかもしれない。そんな国だから、この作品に出てくるような町は決して特殊ではなく、無数にあってもおかしくないだろう(ホラー映画によくある閉鎖的な町の設定も「あるある」ネタなのかもしれない)。

 ストーリーは、普段は喉元まで出かかっている排他主義が、レオンの死をきっかけに噴出するというもので、他所者が知ったような口を聞くと痛い目にあうという教訓なのだろう。広大な土地と大自然の中で、こじんまりと引きこもっているアメリカ人の実像を垣間見ることができる。


 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年8月23日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)