バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

大人向け賽の河原 残酷で異常

 

f:id:Ta-Basco:20201123181006j:plain

 

2014年 カナダ

あらすじ

 バスルームで、男が女の心臓マッサージをしている。必死に蘇生させようとするが、女はすでに絶命していた。

 男の名前はエドガー。そして、彼が蘇生させようとしていたのは妻のメイロンだった。

 冴えない中年のエドガーは、外国人で子持ちの女性メイロンと結婚し暮らしていた。エドガーは、メイロンが経済的安定を理由に自分と結婚したことは分かっていた。そして、若く美しいメイロンが他の男に奪われることを恐れていた。メイロンの連れ子のゴーガンもエドガーにとっては厄介者でしかなかった。息子を溺愛するメイロンとしばしば口論になった。

 エドガーがメイロンと2人で車で外出していると、ゴーガンの通う学校から電話があった。ゴーガンがクラスメイトに暴力を振るったらしい。家でゴーガンを待つが、なかなか帰ってこない。心配するメイロンと、また口論になってしまった。

 突然持病の潰瘍が再発した。痛みに耐えながら自室に入ろうとドアを開けた瞬間、見たことがない廊下に倒れ込んでしまった。状況を飲み込めないエドガーがドアに寄りかかると、期せずしてそのドアが開いた。その中では、グループミーティングが行われていた。仕切っているのは、モニタに映っている老女だった。エドガーはその老女から「自分の行いをどう感じているか」と詰問されたが、意味がわからないとエドガーが反抗すると7734号室へ行けと命令された。

 7734号室は地下にあった。部屋の中には、またモニタが置かれており、今度は男の顔が映っていた。男はエドガーに告げた。まだ記憶が薄いようだが、徐々に思い出すことになるだろう。君の妻を殺害したときのことを、と。エドガーは、自分が愛する妻を殺すわけがないと激怒した。そして、部屋から出ようとすると、ドアの向こうは元の世界だった。

 エドガーは吐血していた。メイロンに救急車を呼ぶよう頼み、ソファに横たわった。動揺しているせいか、メイロンに強く当たってしまった。自分のそばを離れてキッチンへ向かったメイロンに腹を立てたエドガーは、電話を貸せとメイロンを追いかけ、バスルームで馬乗りになった。そして抵抗するメイロンから電話を奪おうともみ合っているうちに、メイロンの呼吸が止まっていることに気づいた。エドガーは憔悴した。しかし、次の瞬間、彼はまたメイロンと車の中にいた。ゴーガンの学校から電話があったあの時にもどっていたのだ。

 何度も同じ体験の無限ループにはまったようだった。そのループから抜け出そうと、意図的に違うことをやっても結局元の木阿弥になってしまう。しかしエドガーは無限ループを繰り返す中で、徐々にメイロンが料理に毒を混ぜて自分を殺害しようとしていたのではないかという疑念を持ち始め、やがてその疑念は確信に変わった。

 そして、ふとドアを開けると、またあの不気味な世界に戻っていた。そこにいる人々は、皆、罪人だった。そして、ドアの向こうでその罪を繰り返し体験し、懺悔することを強いられているのだった。エドガーはグループミーティングを仕切っている老女に、妻の死は事故で、自分は殺していないと訴えた。しかし、「どちらが先に死んだのか。もし妻が先なら、それはお前が殺したということだ」と否定された。エドガーは、もしメイロンが料理に混ぜた毒で自分が先に死んだら、自分の代わりに彼女がこの苦行を味わうことになることに気づいた。そして、彼女をそこまで追い詰めたのは彼女をがんじがらめにしてしまった自分のせいだと思った。彼女の気持ちがどうであろうと、エドガーはメイロンを愛していた。そしてエドガーはある決断をするのだった。

感想・コメント 

 やや難解な作品。ドアの向こうの世界は、「地獄」だ。賽の河原で永遠に石を積まされるのと似ている。自分が犯した罪を永遠に繰り返し、忘れることを許されないのだ。エドガーは、愛するメイロンを解き放つために、過去を書き換えるのだが、「そんなことができるわけがない」と冷静になってはいけない。この手の話には、一抹の理不尽さが不可欠なものだ。それにしても、エドガーには同情を禁じ得ない。彼は本質的には悪人ではなかった。ただ、甘い結婚生活に憧れただけだった。そんな平凡な夢を叶えてくれない不公平こそ、神の罪ではないか?

 

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年11月23日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)