バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

自分を信じても成功できるとは限らないが、自分を信じなければ成功することはできない シェフ〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜 

f:id:Ta-Basco:20201004212914j:plain

 

2012年 フランス

 

あらすじ

 料理の腕も知識も確かだが、こだわりがすぎるジャッキーは、レストランを次々と首になり、とうとう失業してしまった。もうすぐ出産を控えている恋人のベアトリスからは、このままでは別れるしかないと言われてしまう。ベアトリスを失いたくない一心で、ジャッキーは塗装のアルバイトを始めた。作業現場は老人ホームだった。窓ごしに見えた入居者たちの食事の貧弱さに呆れたジャッキーは、黙っていられず厨房へ行くと、勝手に有り合わせの食材で料理した。見たこともない洒落た料理に、老人たちは最初こそ拒絶反応を示したが、やがてジャッキーの料理は人気となった。

 そのころ、三つ星レストラン・ラガルトのシェフアレクサンドルは、先代から社長の席を受け継いだ息子のスタニスラフと対立し、悩んでいた。アレクサンドルは、スタニスラフから時代遅れの料理だと批判され、星を維持できなければ、シェフを辞めさせるとプレッシャーをかけられていた。そればかりでなく、優秀な部下まで奪われてしまった。

f:id:Ta-Basco:20201004213012j:plain

 ある日アレクサンドルは、助けを求めて先代の社長がいる老人ホームを訪れた。そこは、偶然にもジャッキーが塗装作業をしていたホームだった。アレクサンドルはジャッキーの料理に感心し、アシスタントとして雇うことにした。アレクサンドルは、単なる助手として雇ったつもりだったが、料理に対して絶対妥協しないジャッキーは、トップシェフのアレクサンドルに対して物怖じせずに意見した。プライドを傷つけられたアレクサンドルは憤ったが、よくよく考えると彼の進言は当を得ていることに気づいた。それからは彼の意見を取り入れるようになり、新メニューを完成させるための協働作業が始まった。試行錯誤を繰り返し遂に新メニューを完成させた二人は、ミシュランの調査員が店にやってくる日に披露するつもりだった。しかし、まさにその日、スタニスラフの陰謀で食材の仕入れが出来ず、厨房が空っぽというまさかの事態に陥ってしまった。このままでは星を失うどころか、大恥をかいてしまう。さて、最大のピンチを乗り越えることができるのか。 

f:id:Ta-Basco:20201004213103j:plain

感想・コメント

 「シェフ」ものは人気があるのだろう。結構見かける。この手の話の主人公は大体「星」に取り憑かれている場合が多いが、この作品も御多分に漏れない。そういった意味では、よくある話なのだが、料理人として命運付きかけていたジャッキーがアレクサンドルと偶然出会い、一躍一流シェフの仲間入りするというストーリーは夢があっていい。人生、成功するか否かは運次第だが、運があっても「売り」がなければ、決して成功することはない。そう言った意味では、自己研鑽は成功するための絶対条件なのだ。こういった映画を観るたびにそう思うのだが、すぐに忘れてしまう。大抵はそんなものだ。それを忘れない一握りの人だけが成功する。そうすると、実は「運」はさほど重要な必要条件ではないのかもしれない。

 気軽に心地よく観れる作品に仕上がっている。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrimeで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年10月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)