バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

どんなに大切にしても壊れてしまう儚いもの、それが"恋愛" Blue Valentine

f:id:Ta-Basco:20200315142609j:plain

 

2010年 アメリ

 

あらすじ

 ディーンは幼い頃に両親が離婚し、貧しいながらも音楽の才能に恵まれた父の元で育ち、高校は出ずにフリーターをしていた。

 シンディは両親の夫婦関係は破綻していたものの中流家庭で不自由なく育ち、医師になることを夢見る高校生だった。

 仕事先でたまたま会ったシンディに一目惚れしたディーンが、彼女を探し出して口説いたのが馴れ初めだった。その頃シンディは同級生のボビーという男子生徒と付き合っていたが、彼の不用意なセックスによって妊娠してしまう。どうしても中絶することができずに途方に暮れるシンディにディーンがプロポーズする。不安に駆られていたシンディがディーンの言葉に頷き、知り合って間もないうちに2人は夫婦となった。

f:id:Ta-Basco:20200315143813j:plain

 それから数年後、フランキーと名付けたシンディの娘は元気に育っていた。ディーンもフランキーを実の娘のように可愛がっていた。ディーンは塗装工として昔と変わらず気ままに、シンディは医師になる夢を諦め看護師として働いていた。ディーンは妻子を大切に思っていたし、それで満足していた。しかしシンディは向上心がなく不満や文句ばかり言っているディーンに辟易としていた。

f:id:Ta-Basco:20200315143847j:plain
 ディーンの提案で夫婦水入らずで一晩をラブホテルで過ごすことにする。しかし愛を育むどころかいつもと同じように口論が始まってしまう。明け方、勤務先の病院からの連絡でディーンを置いたままシンディはホテルを出て出勤する。目を覚ましたディーンはシンディの書き置きを見て激怒し、泥酔状態でシンディの職場に乱入する。居座って怒鳴り散らすディーンにシンディはついに離婚を決意する。

 最後の話し合いのとき、2人の中に蘇っていたのはかつての幸せな日々だった。2人の関係の結末は……。

f:id:Ta-Basco:20200315143917j:plain
f:id:Ta-Basco:20200315144105j:plain

感想・コメント

 思い描く幸せのかたちは人によって様々だ。結婚や恋愛というのは、お互いが心に抱いているそれを擦り合わせる行為だ。同じ大きさで違うかたちであれば当然ぶつかり合って壊れてしまう。大きさが違えばかたちがどうであれ大きい方に小さい方が収まり問題なさそうだが、あまりに差があると大きな幸せを抱く側は物足りなく感じてしまう。この作品の夫婦が抱えていた問題はこれだ。ディーンにとっての幸せは身の丈ほどのささやかなものだったが、元々上昇志向が強いシンディにとってはそれはあまりにも卑小に思えて仕方がなかった。

f:id:Ta-Basco:20200315144128j:plain

 人は誰しも幸せを追求する。それは本能だ。独りで追求しているうちはいいだろう。結婚や恋愛で2人で追求するようになればそうはいかない。厄介なことに、相手が思い描いている幸せのかたちや大きさは目に見えるものではないし、その輪郭がぼんやりと見えてきたときには大抵後戻りできなくなっている。

 結婚も恋愛もうまくいかないことは多々ある。どちらにも落ち度がなくてもだ。だから悔やんでも仕方がない。そう思いつつも切なく深い悲しみに打ちひしがれてしまうのも避けられないことなのだ。

 ところで、題名の「Blue Valentine」。私はTom Waitsを連想してしまう。歌詞の意味は違うけれど、この映画に合う雰囲気の楽曲だ。(ちなみにこの曲が収録されている同名のアルバムには良い曲が多く収録されているので、お勧め。)

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。