バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

少年少女は正しい道を選ぶ、正しい場所に置いてもらえさえすれば ブランカとギター弾き

 

f:id:Ta-Basco:20210227101138j:plain
 

2015年 イタリア

あらすじ

 フィリピンの都市サンカルロス。父を知らず、母に捨てられた孤児のブランカは、ストリートチルドレンとして逞しく生きていた。ある日、街頭テレビで裕福な女性が何人もの孤児を養子として引き取っているという番組を目にしたブランカは、隣りで観ていた男にいくら払えば母親を“買える“のか尋ねた。すると男はその女性を3万ドルくらい払えば(娼婦として)“買える“と言う。それを聞いたブランカは、それまでスリなどで貯めた金で母親を買おうと決心した。

 住処に帰ると、ダンボールハウスブランカに反感を持っていた他の孤児達に無惨に破壊されていた。寝床を失ったブランカが街を彷徨っていると、盲目の老人ピーターが路上で奏でるエレアコギターの音色が耳に入ってきた。最初はピーターのチップをくすねようと近づいたブランカだったが、ピーターの優しさに触れ親しみを感じ、つきまとうようになった。

 公園でピーターの演奏にあわせて歌っていると通りがかりのバーのオーナーに見染められ、店のステージに立つことになった。ピーターの伴奏とブランカの歌は好評だった。オーナーに気に入られた2人は店の部屋を与えられた。久しぶりにちゃんとした住処で眠ることができブランカは幸せだった。

 しかし、幸せは長くは続かなかった。嫉妬したバーの下男が、ブランカが店の金を着服したように細工したのだ。その悪巧みでオーナーの逆鱗に触れた2人は店を追い出された。

 再び住処を失ったブランカは、ピーターとも仲違いし別れてしまった。そして偶然会った2人組の孤児ラウルとセバスチャンに誘われるがまま、再びスリや置き引きに明け暮れる日々に戻った。しかしブランカはピーターと会う前の彼女とは同じではなかった。やがてピーターのことが心配になったブランカは、一緒に過ごした公園に戻るが彼の姿はなかった。そこへ見知らぬ中年女が「ピーターがどこにいるか知っている」と声をかけてきた。彼女はブランカを売春宿に売ろうと企んでいた。間一髪で脱出したブランカは、ようやく自分を探し歩いていたピーターと再会した。恐ろしい思いをしたブランカは孤児院に身を寄せることにした。

 孤児院で安心して暮らせるはずだった。しかしブランカの気持ちは晴れなかった。ピーターがこの先独りで不自由しないか気がかりだった。思いつめたブランカは孤児院を抜け出し、夜通し走っていつもの公園に向かった。そしてブランカが見た光景は…。

 

感想・コメント 

 ロードムービーに分類する向きもあるようだが、個人的には違和感がある。”旅”が重要な要素ではないからだ。とは言え、ジャンルなど音楽と同じでもともと曖昧なものだからだからどうってわけではない。この作品の評価を聞かれれば、間違いなく「良作」である。

 ブランカは母親さえも金があれば買えると信じていた。拝金主義ではなく、それだけ母親という存在を渇望していたのだ。乾き切った少女の心に潤いを与えたのはピーターだった。彼も盲目で路上でギターを演奏して糊口をしのぐ毎日だったから、決してあしながおじさんのような救世主ではなかった。それでもブランカの人生を真っ当な場所に戻すきっかけを与えた。人生の終着点に近づく老人が、未来ある少女の人生を救った。それも口喧しく説教したわけではない。若者など、正しい場所に置いてやれば、後は自分自身で悩み考え、やがて進むべき道を見出すものなのだ。

 口説くないラストも、この作品によくマッチしている。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrime、dTVで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2021年2月27日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV