バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

この悪女の企みにはまだ続きがあった!? 悪魔のような女

 

f:id:Ta-Basco:20200527171928j:plain

 

1955年 フランス

あらすじ

 舞台はフランスにあるデュラサール夫妻が運営する寄宿学校。

 資金を拠出していたのは妻のクリスティーナだったが、校長に君臨していたのは夫のミシェルだった。クリスティーナは専横的なミシェルと離婚し、学校を自分の手に取り戻したいと思っていた。ミシェルは女教師のニコル・オニールと堂々と不倫までしていた。しかしクリスティーナにとってニコルは、夫の浮気相手であると同時に、共に夫の暴力の被害者であり、頼れる相談相手でもあるという不思議な関係だった。

 離婚は罪だと躊躇うクリスティーナに、ニコルは恐ろしい計画を持ちかけた。三連休にニオールにあるニコルの実家でミシェルを殺害しようと言うのだ。先にクリスティーナとニコルとでニオールに行き、そこからクリスティーナが学校にいるミシェルに電話をかけ離婚を切り出した。思惑どおり激怒したミシェルがクリスティーナを連れ戻しにニオールまでやってきた。そこでクリスティーナが睡眠薬入りの酒を飲ませ、意識喪失状態のミシェルをニコルがバスタブに沈め溺死させた。

 そして死体を学校へ運び、季節外れでしばらく使うことがないプールに沈めた。

 翌日から、クリスティーナの落ち着かない日々が始まった。計画では数日中にミシェルの水死体が発見され事故死で片付けられるはずだった。しかし、待てど暮らせど死体は浮かび上がってこなかった。耐えきれなくなったクリスティーナは用務員にプールの掃除を命じた。しかし、信じられないことに水が抜かれたプールにミシェルの死体はなかった。

 クリスティーナの精神は不安に蝕まれ、持病の心臓病も悪化していった。そんな彼女を慰め、励ましたのは共犯者であり、頼れる友人でもあったニコルだった。ある夜、クリスティーナが寝室の窓からふと外を見ると、誰もいないはずの校舎の事務室に灯りが灯っているのが見えた。おそるおそる向かうと、事務室のタイプライターに刺された紙にミシェルの名前がタイプされ、傍らには彼の手袋と帽子が置かれていた。恐ろしくなったクリスティーナが自室に戻ると、なんとバスタブの中にはミシェルの死体が浸かっていたのだ。あまりの衝撃に、クリスティーナの心臓は悲鳴をあげてしまうのだった。さて、ことの真相は。

感想・コメント

 クリスティーナ、ミシェルそしてニコルの三角関係は直ちに理解しがたいが、ミシェルに愛想をつかせてたクリスティーナには、彼に対する愛はすっかり失われ、故にニコルに対しても嫉妬心がなかったと考えれば飲み込める。

 恐ろしい凶行に怯え躊躇うクリスティーナを叱咤し、犯行後も全く動じることなく彼女を支えようとする。そんなニコルをクリスティーナは盲信してしまうのだが、実はニコルこそが「悪魔のような女」なのだ。とあっさり種明かしをしてしまうのは、容姿も性格も男勝りのニコルを見れば、観客の多くは早い段階で彼女が黒幕であることに気づくだろうからだ。そのことに薄々感づいていたとしても、ラストを楽しむことができるだろう。

 そして、ふと恐ろしい想像をしてしまう。ニコルの企てには実はまだ続きがあったのでは、と。

 

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 DVDレンタルなら、DMM.comがお勧め。最初なら無料で体験レンタルできます。