バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

貧困しか知らずに生まれ、育ち、短い人生を終える 忘れられた人々

 

f:id:Ta-Basco:20220130161642j:plain

 

1950年 メキシコ

あらすじ

 1940年代のメキシコシティ。感化院を脱走した不良少年のリーダー格のハイボは、仲間たちがたむろしている広場へ戻ると、年下のペドロにフリオンを連れて来るよう命じた。自分が感化院に収容されたのは、フリオンが密告したせいだと恨んでいたのだ。ペドロが命じられたとおりフリオンを連れて行くと、ハイボは背後から彼を容赦無く殴打した。思い知らせてやったと意気揚々に立ち去ったハイボだったが、間もなくフリオンがそのまま死んでしまったことを知った。さすがにやばいと思ったハイボはお前も共犯だとペドロを脅しきつく口止めした。

 育った環境のせいでたまたま不良仲間とつるんでいたペドロだったが、まだ少年の純真は失っていなかった。刑務所行きになり大好きな母親と一緒に暮らせなくなることをおそれたペドロは改心し、鍛冶屋の見習いとして働き始めることにした。しかし母親の方といえば、すでに見限っていて、彼の決心を信じることができなかった。

 真面目に働くペドロが工房で留守番をしていると、警察から容疑者として追われ身を隠していたハイボが現れた。ペドロが密告していないことを確かめると、工房にあった作りたてのナイフをこっそり盗んでいった。自分の留守の間にハイボが来たことなど知らぬ鍛冶屋の主人はナイフの窃盗はペドロの仕業だと思い込んだ。警察から事の次第を聞いたペドロの母親すら、彼の犯行だと信じて疑わなかった。そしてやがて帰って来たペドロを感化院に引き渡してしまった。

 感化院の所長は少年たちに対して寛大で更生の可能性を信じており、ペドロに対しても同じ態度で接した。所長は、自分が正しいことができる人間であることをペドロに自覚させるために、敷地外の店までタバコを買いに行って欲しいと大金を渡した。ペドロは所長の信頼に答えようと店に向かうが、またもや待ち伏せしていたハイボに捕まってしまい、金を奪われてしまった。ペドロは所長からの信頼も失うことをおそれ感化院に戻らず、広場にいるハイボのところまで行った。金を返してもらうために取っ組み合いをしたが、力に勝るハイボに勝てるはずもなかった。手ぶらで感化院に戻るわけにもいかず、行くあてもなくなったペドロは一夜を明かすために不良仲間の家の納屋に忍び込んだ。しかし偶然にも、そこで同じように寝床を求めて忍び込んでいたハイボと居合わせた。ハイボはペドロが執拗に自分を追っていると考え、容赦無く暴行を加えた。そして命乞いも虚しくペドロは絶命した。騒ぎに気づいた家人は警察沙汰に巻き込まれることを恐れ、人目につかないところへ遺棄するためにペドロの亡骸を袋に入れロバに乗せ家を出た。その道すがら、我が子を信じれなかったことを悔やみながら町中を探し歩くペドロの母親とすれ違うが、まさかそこに息子の亡骸があるとは知るはずもない。それが親子の最後の交わりだった。ペドロの遺体は人里離れた場所でゴミ同然に投げ捨てられてしまった。

 

感想・コメント 

 実際に起きた事件を通じて大都市の貧困層の子供たちの世界を描いた作品。

 あらすじはかなり端折っていて、実際には85分という短い尺の中で様々な人物が登場するが、妙を得た演出で迷子になることなく作品世界に入り込める。”感化院”は「もと、非行少年や非行少女の保護・教化の目的で設けられた施設。少年教護院・教護院を経て、現在は児童自立支援施設と改称」(デジタル大辞泉)というもので、刑務所や少年院と違い開放施設となっている。

 経済的に貧しく養わなければならない子供が多い家では、我が子であっても十分に目配り、心配りをする余裕がなく、食い扶持を稼がず悪さばかりしている子供を見限り見捨ててしまいがちなのは古今東西共通のことだ。非行の道に踏み込みながらも、改心して更生を誓ったペドロ少年だったが、社会はおろか実の親にも信頼も支援も得られず、その思い虚しく殺されてゴミのように捨てられてしまう。しかし、こういう時代においては彼のような無念の死は残念ながら稀ではなかったはずだ。

 ルイス・ブニュエル監督は、未来の社会において貧困問題の解消を期待しながらこの作品を描いた。その未来の社会に私たちはいるわけだが、監督の願いはかなっただろうか。その答えは一様ではなく、私とあなたでも違うかもしれない。ちなみに2003年にユネスコの「世界の記憶」に登録されたそうです。

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。