バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

80年代サブカル映画の完成形 ストレンジャー・ザン・パラダイス

f:id:Ta-Basco:20200211173902j:plain
 

1984年 西ドイツ、アメリ

 

あらすじ

 ニューヨークで勝手きままな生活を送るウィリーの部屋に、故郷ハンガリーから従姉妹(いとこ)のエヴァが訪ねてくる。エヴァクリーヴランドに住むおばさんを訪ねることになっていたのだが、そのおばさんが入院することになってしまったため、しばらく泊まることになってしまう。最初は邪魔者扱いにしていたウィリーだが、生活を共にするうちにエヴァを気に入り始める。しかし、やがてエヴァは去り、ウィリーの生活は相棒のエディーとともに博打三昧の日々に戻る。

 それから1年後のある日、博打で大金を手にして上機嫌のウィリーとエディーは、ノリでクリーヴランドエヴァのところまで車を走らせることにする。
 長いドライブを経て久しぶりに再会したエヴァは、真冬のクリーブランドの田舎で退屈していた。それを見たウィリーは、南国のマイアミにエヴァを連れて行こうと思い立つ。

f:id:Ta-Basco:20200211174403j:plain

 怒るおばさんを尻目に、今度は三人の長距離ドライブが始まる。数日走り続けマイアミ到着まであと少し。最後に泊まったモーテルで、ウィリーはもう一稼ぎしようとエヴァを置き去りにしてエディーと競馬に行ってしまう。放置されて不満なエヴァが、土産物屋で買った大きなツバの帽子をかぶってあてもなく海岸を歩いていると、ヤクの売人と勘違いされて大金を握らされる。偶然にも、かぶっていた帽子が現地の売人のトレードマークだったのだ。

 期待はずれのアメリカに飽き飽きしていたエヴァは、その金でヨーロッパに帰ろうと空港へ向かうが、その日の最後の便はよりによってブタペスト(ハンガリーの首都)行きしかなかった。チケットカウンターで逡巡するエヴァ

 一方その頃、競馬に勝って上機嫌でモーテルに戻ってきたウィリー達は、書き置きを見て慌ててエヴァを引き止めるために空港へ向かう。

 さて、3人は無事再会することができるのだろうか。


f:id:Ta-Basco:20200211174150j:plain

感想・コメント

  ジム・ジャームッシュ出世作であり、映画史に残る名作。

 その理由は、ストーリーではなく、そのスタイルだ。

 全編モノクロ(それも粒子が荒い)映像で綴られているが、この作品が作られた1984年は、当然カラー映像が主流であり、モノクロ映像はむしろ古臭くて敬遠されていた時代だった。そういった時代において、敢えてモノクロ、そして敢えてノスタルジックな字幕や音楽を使っているあたりが、当時は斬新かつスタイリッシュだと評価された。あれからさらに30年近いときが過ぎたデジタル全盛時代の今、アナログ、モノクロといった懐古趣味が若い世代を中心に復活してきている。この作品が若い世代に注目される日も遠くないかも知れない。

 映像に加え、登場人物のデカダンス(退廃的)なライフスタイルも魅力だ。誰ひとりとして、健康で長生きしようなんて真っ直ぐで計画的な生き方をしていない。ニコチンとタールの匂いがあちこちにこびりついていた時代、そんな80年代を思い出させてくれる。やはり、あの時代は世紀末だったのだと回顧した。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 前作もどうぞ。

www.basco.tokyo