バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

家族が幸せになるならなんだってするわ ロザリー・ゴーズ・ショッピング

f:id:Ta-Basco:20200209211214j:plain

 

1989年 ドイツ

 

あらすじ

 ロザリーの故郷はドイツ。米軍パイロットだったリープリングと出会い、アーカンソーに嫁いできた。

 今は農薬散布の仕事で毎日空を飛んでいるリープリングと5人の子どもたちとともに幸せに暮らしている。幸せに暮らすために欠かせないのがお金。やりくり上手だと夫には信用されていたけれど、彼女のやりくり術は小切手の偽造やクレジットカードの紛失届の悪用といった、とても褒められたものではない。

 そんなやりくり術が長続きするわけもなく、とっくに家計は火の車だったけれど、そんなことになっているとは知らない家族はロザリーにあれもこれもとねだってくる。特に娘が欲しがっていたPCは、当時はまだ家庭に普及していない高級品で、これにはロザリーも閉口したが何とか工面して買い与える。娘からその使い方を習っているうちにロザリーはハッキングに目覚めてしまい、大切な家族がお腹をすかせていてもお構いなしに、ひたすらPCにのめり込んでしまう。

 ある日、リープリングが計器を見誤り、飛行機を墜落させてしまう。幸い怪我もなく、見誤った原因も老眼だったことがわかるけれど、老眼鏡をかけたパイロットを会社は雇ってくれないとリープリングは落胆する。ロザリーはPCの前から立ち上がるとそんな夫に「私に任せて」と言い残し、着飾って颯爽と出かけていく。ロザリーは家族のことを忘れてしまっていたわけではなく、PCの知識を使って家族を幸せに導く方法を探していたのだ。

 さて、ロザリーは一家を幸せにすることができるのか!

f:id:Ta-Basco:20200209213039j:plain

感想・コメント

 パーシー・アドロン監督とマリアンネ・ゼーゲブレヒトのコンビで制作された映画の3作目。1作目はシュガー・ベイビー(これは日本でも単館上映レベル)、2作目はバグダッド・カフェ(大ヒット作)、その期待を背負っての登場だった。

 バグダッド・カフェは、ドイツ人女性とアメリカ人女性の偶然の出会いから芽生えた強い絆が感動的な作品だったが、今作は奇想天外なコメディー。そこを理解しないで観るとテイストが全く違うので拍子抜けしてしまう。

 けれど、そういった先入観なしに観ると楽しい作品だ。家族を笑顔にするためには手段を選ばないというロザリーの肝っ玉母さんぶりに、きっと思わず感動し、最後は幸せな気分になってしまう。そう、それが社会的に許されない手段だったとしても。

 なかなか観る手段がない作品となってしまったけれど、シュガー・ベイビーとともに是非機会があれば観ていただきたい。

 マリアンネ・ゼーゲブレヒトは、今も健在だ。この女優さん、チャーミングで魅力的なんだな。

www.basco.tokyo

 

www.basco.tokyo

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。