バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

ただ市民のための警官になりたかっただけなのに セルピコ

f:id:Ta-Basco:20200126105002j:plain

 

1973年 アメリカ・イタリア

 

あらすじ
 1960年代の話。
 フランコセルピコは正義感をたぎらせて警官になったが、警察内部は腐敗しきっていた。功績を重ねて、少しでも早く刑事になりたいと熱心に仕事に打ち込むが、真面目すぎるセルピコは同僚から煙たがられてしまった。

 セルピコが特に許し難かったのが、警官達が犯罪組織に悪びれもなく賄賂を要求していたことだった。それに加担することを拒否したために、セルピコはますます浮いた存在になってしまった。

 思い悩んだセルピコは上層部へ密告した。しかし上層部の動きも鈍く、できれば見て見ぬふりをしたいという本音が透けていた。市長への直訴も功を奏さなかったセルピコは、最後の手段として新聞社にリークした。そのリークがきっかけで警察の汚職が報じられ、蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。

 そんな中、セルピコは危険な麻薬課に異動させられた上に、家宅捜索の際に同僚の援護を受けられずに銃撃されてしまった。

 大怪我を負いながら一命を取り留めたセルピコは、査問会の証言台で警察の悪事を証言した。その証言が、警察の腐敗撲滅の大きな足掛かりとなっただった。

 

感想・コメント

 実話ベースの話。

 アメリカの警察ものでは、警官同士の強い仲間意識がよく描かれている。これはお互いの命を預ける以上、強い信頼関係が必要不可欠だということなのだと思うが、間違ったことに対して「ノー」と言い難いという副作用がある。一種の強力な集団心理と言えるだろう。

 80年代の名作ドラマ「ヒル・ストリート・ブルース」でも、まだ一部の警官は腐敗していたり、二世の警官が同僚にかつての父親の悪事でなじられるというシーンがあった。アメリカの警官が特に腐敗していた、というわけではなくて、日本も含めそういう悪事が水面下で蔓延っていたというのが、60年~90年代という時代だった。21世紀しか知らない若者が見たら理解不能の世界かも知れない。

 フランコセルピコは、証人保護プログラムが適用されていたため住所は非公開(スイスにいたらしい)だったとのことだが、主演のアル・パチーノは、本人の元を訪れて役作りをしたとのこと。なんか、ちょっと矛盾しているような……。
 セルピコは、市民のために役立つ警官になりたかっただけなのに、よりによって身内の警察組織という大きな壁と戦う羽目になり、その夢が実現することはなかった。警察の腐敗を正すという立派な功績を残したと評価されたとしても、本人の無念は癒されることはないだろう。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。