バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

難民を”問題”としてではなく”人”として受け止める良識 希望のかなた

f:id:Ta-Basco:20191014105746j:plain
 

2017年 フィンランド

 

あらすじ 

 フィンランドの港に着岸した鉱物船から鉱物で真っ黒になった男が夜ひっそりと下船する。彼の名はカーリド。シリアのアレッポから長い道のりを経てこの地にたどり着いたのだ。

 その頃、とある一室で老紳士が身なりを整え、テーブルに座る古妻の前に結婚指輪と家の鍵を静かに置き、部屋から出ていく。老紳士の名はバルデラム。永年衣料品の卸売を営んできたが、会社をたたみ、永年の夢だったレストランを始めることにしたのだ。

 一方のカーリド。警察署に難民申請をし、しばらくの間難民収容所で過ごすことになる。
 カーリドは、入国管理局での面接で、自分の家が内戦の爆撃で瓦礫になってしまい、たまたま外出していた妹のミリアム以外は全員死んでしまったこと、ミリアムと一緒に国境を超えたが途中ではぐれてしまったこと、たまたま乗り込んだ船がフィンランド行きだったことを説明する。

 他方、バルデラムは在庫を全部引き取ってくれる買い手を見つけ、まとまった金を手にし、ハイレートの非公認の賭博場に行く。一世一代の大勝負に勝ち、レストランを買い取るのに十分な金を得たバルデラムは、その足で仲介業者に紹介してもらったレストランを買取り、新しいオーナーになる。

 カーリドの難民申請は、予想に反してアレッポが酷い紛争状態に無い(実際には街は毎日のように繰り返される爆撃で瓦礫の山と化しているのに!)という理由で却下され、強制送還されることになってしまう。翌朝、警察がやってくる前にカーリドは収容所から逃亡するが、街中で「フィンランド解放軍」と名乗る民族主義者達から暴行される。

 間一髪難を逃れたカーリドが逃げ込んだのがバルデラムのレストランのゴミ捨て場だった。カーリドに同情したバルデラムは、彼を店で雇うことにし、偽造身分証まで作ってやる。そうしてカーリドはようやく異国フィンランドに自分の居場所を得た。そんなカーリドにミリアムがリトアニアの難民センターにいることが分かったという知らせが入る。

 一刻も早くリトアニアに行きたいというカーリドを制止し、バルデラムが一計を案じる。リトアニアに行くトラック業者に、密かにミリアムをフィンランドまで乗せてくるよう手配したのだ。

 果たして、無事カーリドとミリアムはフィンランドの地で再会を果たす。しかし、その夜カーリドの身に……。

感想・コメント 

 中東からの難民達が置かれた苦しい現状を描く作品だ。近年ではドイツが難民を多数受け入れたことで国家的論争になったりしているが、欧州各国における難民問題の難しさを垣間見ることができる。

eumag.jp

 バルデラムは一見気難しそうな老紳士だが、全財産を賭けて大博打をやったり、カーリドのために偽造身分証明証を作ってやったり、レストランが繁盛するように本を見ながら一夜漬けで寿司店に業態を替えてしまったり(もちろん失敗する)と、かなりユニークな人物だ。

 難民問題の深淵を暴く社会派というわけではなく、フィンランドの日常の一コマを切り取った等身大のドラマだ。多分フィンランドってこんな感じなんだろうという雰囲気を楽しむのにいい作品だと思う。

 ストーリーと関係ないが、カーリドが山田孝之さんに似ているような気がした(個人的な感想。)。また、途中バンドの演奏シーンが多く出てくるのだが、皆さんいい歳なのにカッコいい。

 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

youtu.be