バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

ただただ美しい、あるイタリア人の人生の回顧録 ニュー・シネマ・パラダイス

f:id:Ta-Basco:20190821202131j:plain


 

1988年 イタリア

 

あらすじ

 有名な映画監督サルヴァトーレの元に、永く帰省していない故郷の母からアルフレードの訃報が届く。

 夜ベッドの中でサルヴァトーレは故郷での日々を回想する。

 小さかったサルヴァトーレ(トトと呼ばれていた)は映写技師のアルフレードに憧れ、毎日彼の仕事場に遊びに行っていた。

 ある日、映写中のフィルムが発火して火災になり、村の映画館は全焼、アルフレードも大やけどを負って失明してしまう。

 村の唯一の娯楽の映画館がなくなり皆落胆するが、村人の一人が偶然サッカーくじに当たり、その賞金で映画館は建て替えられる。そして映画技師をトトが勤めることになった。村人達は以前のように映画館に集い、映画を楽しんだ。トトはその役に立てることが嬉しかった。

 やがて青年になったトトにアルフレードは「お前はこの村のことを忘れろ、別の場所に行って前に進め。二度と帰ってくるな」と命じる。アルフレードはトトが片田舎で人生を終えるべき青年ではないことを見抜いていたのだ。トト(サルヴァトーレ)は、アルフレードの言葉に従って故郷を去り、二度と帰郷することはなかった。そして、ローマで成功を収めた。

 ……母からの知らせを受けて、サルヴァトーレはアルフレードの葬儀に参列するため30年ぶりに帰郷する。葬儀の途中広場を通りかかると、かつて村人たちが集っていた映画館が閉館して廃墟になっていた。ビデオの普及で映画を観る村人がいなくなっただと教えられる。

 葬儀を終え、映画館の取り壊しを見届けたサルヴァトーレはローマに帰る。その手には、アルフレードが生前サルヴァトーレの母に託した1本のフィルムがあった。サルヴァトーレが独り映写室でそのフィルムを再生すると、……

 

感想・コメント 

  定番の名作の一つ。

 粛々と真っ直ぐに語られる回顧録。伏線やひねりは一切ないし悪人も出てこないが、美化された思い出の中で、そんな存在は邪魔者でしかないのだ。ただただ美しい、あるイタリア人の人生の回顧録

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: DVD