バスコのLIFE GOES ON!

人生は40代からが楽しい!そう思える生き方を目指しています。

平和な日常も一歩踏み外せば暗黒社会に真っ逆さま それでも夜は明ける

 

f:id:Ta-Basco:20200705095756j:plain
 

2013年 アメリ

あらすじ

 1840年代。アメリカ南部では、まだ黒人を奴隷とすることが認められていた時代の話。

 自由黒人として認められていたソロモン・ノーサップは、ニューヨーク州でバイオリン奏者として働き、家族と幸せに暮らしていた。ある日ソロモンは、サーカスを主宰しているという男たちから、サーカス団に帯同してバイオリンを演奏して欲しいと依頼され、引き受けた。仕事が順調に思えたのも束の間、勧められるがままに深酒してしまい、目覚めた時には廃屋の一室にいた。そしてそこにやってきたのは、なんと奴隷商人だった。身ぐるみを殆ど剥がされてしまい自分の身元を証明できるものはなにもないソロモンは、同じように誘拐された黒人たちと共に船で南部へ運ばれ、奴隷として売られた。

 「プラット」と名付けられたソロモンは、フォードという名の農場経営者に買われた。f:id:Ta-Basco:20200705100607j:plain
 機転が効き、バイオリンも弾けるプラットことソロモンはフォードに目をかけてもらったが、フォードの借金のかたにエップスという男に譲渡されることになった。エップスの奴隷たちの扱いは酷いものだった。男性の奴隷には理由もなく暴行を加え、若い女性の奴隷を手込めにした。ソロモンは何とかニューヨークの家族と連絡を取りたかったが、その術はなかった。

f:id:Ta-Basco:20200705100627j:plain

 もうこのまま一生奴隷として生きるしかないのかと諦めかけていたソロモンは、エップスから小屋作りを請け負ったサミュエルという大工の手伝いをすることになった。サミュエルはカナダ人で、奴隷制度には否定的だった。ソロモンは、そんなサミュエルに最後の望みを託し、北部の友人に手紙を送って欲しいと頼んだ。

 ソロモンは再び自由を取り戻せるのか。

感想・コメント 

 実話に基づく話。奴隷として売られた黒人が、自由黒人の地位を勝ち取る話としては「ルーツ」が有名だが、この作品はその真逆だ。ソロモンのケースは氷山の一角に過ぎず、わずか100年前のアメリカではこのような人身売買が頻繁に行われていたのだから、奴隷制など言語道断であるということすら米国民としてはつい最近の常識なのだろう(そして一部の人はまだそれが常識ではないと主張している。)。そして日本にいると忘れがちだが、日本人をはじめとするアジア人も欧米では人種差別される側である(山崎豊子氏の「二つの祖国」等でその辺の事情を知ることができる)。

 この作品を観て、人種問題もさることながら、安心安全だと思い込んでいる日常も、一歩踏み外しただけで底無しの暗黒社会に飲み込まれてしまうという恐ろしさを再認識した。そのことは私たちの住む日本でも、形は違えどもまた同じなのだ。

  ソロモン・ノーサップのその後はWikipediaに詳しい解説がある。

ja.wikipedia.org

  最後までお付き合いいただきありがとうございました。 

 AmazonPrime、dTVで鑑賞することができます!(本作品の配信情報は2020年7月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはホームページもしくはアプリをご確認ください。)

dTV

 DVDレンタルなら、DMM.comがお勧め。最初なら無料で体験レンタルできます。